So-net無料ブログ作成
検索選択

Microsoft、「Open XML SDK 2.0」をリリース

 米Microsoftは3月15日、Microsoft Officeで採用されているファイル形式のソフトウェア開発キット「Open XML SDK 2.0」をリリースしたと発表した。開発者向けのダウンロードセンターからダウンロードできる。 Open XMLは国際標準化機関Ecma Internationalによって標準化されたXMLベースのファイル形式。今回リリースされたSDKを利用することで、Microsoftにライセンス料などを支払うことなく、Officeと互換性のあるソフトウェアを開発できる。 SDKは、サンプルコード、クラスライブラリリファレンス、Visual Studioで利用可能なライブラリで構成されている。開発者は同SDKとVisual Studioを利用することにより、Open XMLファイルの自動生成やXMLデータのOpen XMLファイルへのインポートなどのソリューションを構築できる。 対応するOSはWindows XP SP3、Windows Vista SP2、Windows 7、Windows Server 2003 SP2、Windows Server 2008 SP2、Windows Server 2008 R2。.NET Framework バージョン3.5のSP1も必要。■関連記事MicrosoftのWeb版Office、旧バージョンのOfficeに一部制約Google DocsがOffice 2007のフォーマットに対応米Microsoft、OfficeでのODFサポートに関する情報を無料公開Microsoft、Open XML関連のツールを数種発表【XML】に関連する最新記事

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

六兵衛

http://qawsed.info/art/6m2149u
俺の暴れん棒貸してやったら8万くれた!!
by 六兵衛 (2010-06-15 17:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。